生坂政臣の妻は美人医師!なれそめや家族&子どもを調査!

生坂政臣医師

総合診療医・生坂政臣(いくさか まさとみ)さん。

これだけの名医でダンディなお医者さんですから、

ご家族、とくに奥さんがどんな方か気になりますよね!

そこで今回は、

  • 生坂医師の妻も医師だった!
  • 夫婦の馴れ初め、これまでの歩みは?
  • その他の家族、子どもは?

これらを詳しく調査しました!

目次

生坂政臣の妻は美人医師

さっそく、生坂医師の気になる奥さまを見てみましょう。

妻の生坂桂子医師

『生坂医院HP 院長の挨拶』より

生坂医師の奥様、本当にお綺麗ですよね!

妻の桂子医師は東京女子医科大学医学部卒

その他の学歴や年齢は明らかになっていません。

妻は生坂医院の院長

『生坂医院HP』より

桂子医師は生坂医院の院長をされています。

医院の紹介文によると、

埼玉県本庄市にある生坂医院は、桂子医師の父・生坂和一医師が開業した医院です。

現在は

・妻桂子さんが院長
・政臣医師が副院長

という形で医院を継がれています。

ですので苗字から判断しても、生坂正臣医師は婿入りされたということになりますね。

生坂夫妻のなれそめ&二人三脚の歩み

お若い頃の生坂医師(『医学書院』より)

美男美女のお医者さん夫婦の気になる出会いを調べました!

お二人のなれそめ

夫妻が出会った東京女子医科大学病院

鳥取大学医学部を卒業した生坂医師は、研修先として東京女子医科大学病院を選びました。

そこで将来の伴侶となる桂子さんと出会われたようです。

桂子さんの実家である生坂医院は後継ぎがいないということで、

将来的には医院を継ぐことを視野に入れ、医師として経験を積んだと政臣医師は語られています。

ご夫婦二人三脚の歩み

留学先のアイオワ大学

桂子院長の経歴を見てみると、政臣医師のアメリカ留学に帯同されています。

アメリカで出産・育児を経験されており、海外生活は大変だったことでしょう。

また、帰国後は米国家庭医療学専門医の資格を取った夫の指導のもと、生坂医院で医師として再び働き始めたそうです。

なんでも桂子医師は、アメリカで出会った家庭医の姿に感銘を受け、自らも家庭医を志すようになったとか。

ご夫婦として医師として、同じ方向を向いて努力を重ねてこられたお二人、

本当に尊敬するばかりです。

生坂政臣医師の家族・子ども

生坂医師の気になる家族構成を見てみましょう。

家族構成は生坂夫妻と子ども

TBS『情熱大陸』より

現時点で分かっている家族構成は次の通りです。

・生坂政臣医師
・妻の桂子医師
・お子さん(少なくとも一人)

お子さんはアメリカ留学時代に現地で出産・子育てをされたとの情報がありますので、

少なくともお一人はいらっしゃるようです。

子どもは30代前半か

お子さんの人数や、性別は明らかになっていません。

アメリカ生まれのお子さんの年齢は、

アメリカ留学期間(1990~1993年)に生まれたということで、2024年時点で30代前半ということになります。

ご両親が立派なお医者さんですから、お子さんも医療の道に進まれているかもしれませんね。

生坂政臣の妻は美人医師!なれそめや家族&子どもを調査!【情熱大陸】まとめ

今回は、総合診療科の名医・生坂政臣医師の奥さまや家族構成をテーマにくわしくまとめました。

妻の桂子医師、とても美人な女医さんでした!

また、ご夫婦ともに家庭医・総合診療医の道を歩まれていて、素敵でカッコいいお二人でした。

生坂政臣医師は千葉大学教授を退任されたとのことですが、今後のご活躍にも注目したいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次